読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株であいちゃん大勝利ー!!!!

お金増えたらあいちゃん大勝利ー!!と叫びます♡

今日のあいちゃん大勝利?番外編 メモ用 調子がいい時の投資法メモ

ちょっとした時間があったので、自己分析 メモとして残しておきます

 

@私が損する地合い・増える地合い トレード方法 @

 

某投資家さんが

"最近調子がすこぶる悪い ヤバイ  昔の投資法を思い出してやり直す"

"毎日コツコツ利益でてるよ!"

 

 

というツイートを拝見して、私も調子が良い"今の投資法"をメモしておこうと思います。

これから先絶対爆損するし(必殺株芸がそろそろ炸裂しそう)、そんなときに"昔はどんな投資法してたか?"なんて覚えてないだろうし、ノートに書くのも億劫なのでパチパチ打ち込みます

 

 

ここ11ヶ月の収益リストをSBIからDLして、銘柄・平均利確と損切り価格・利確回数 と損切り回数等々見て思った事

 

超当たり前のことで、投資家初心者BOOKにも書いてあるようなことだけど

身に起こってることをきちんと整理して考えてφ(*'д'* )メモメモします

 

調子が悪い時期 損失ばかりの悪循環モード

f:id:aityandaisyori:20140818222415j:plain

損切り回数が少なく 1ポジ辺りの損切り金額が高い

損切りラインを明確に設けていない よくある"まだまだ!まだまだいける!絶対騰がる!絶対!ナンピンっ!ナンピンやああああ!!!"精神が心全体を覆い尽くしている

ナンピンしても下がる株 余力がなくなる ナンピンできない アカンやつ そして破綻

材料や自分の考えを支えに買った結果、それに囚われて絶対騰がるという根拠の無い考えが脳内に蔓延 材料があるから…という考えの逃げ場 損切りからの逃げがダメ

 

利確回数が多いが1ポジ辺りの金額が低く 手数料の無駄な負担と得られるはずの利益の取り逃がしが多い

=利が乗るとすぐに含み損の恐怖を思い出し、地合いが悪くないのにマイ転するのではないか?下がるのではないか?という根拠のない精神的圧迫により利確してしまう

選んだ銘柄に関して伸びしろがある材料、自分で買って実際に騰がり初めているのに、信じ切れない精神状態

 

@日経が下がっても逆張り続行 買い!買い!買い!買い!@

@急落時に対応できない@

@何故か株は買いじゃないと増えないと考える@

↑典型的負けパターン↑

 

 

 

調子が良い時期 利確が上手くいって損失が少ないモード

f:id:aityandaisyori:20140906221345j:plain

損切り回数は少ないが、1ポジあたりの損切り金額も少ない

=損失しまくったソデとコロの経験を活かし、損失%が一定以上になったら強制カットを断行する 自分の中で根拠あっても切る その後しっかり騰がるなら、再度買い戻す(重要)

ここ2ヶ月も何度か大きいのをやっているけど、できるだけ一銘柄あたりのポジサイズを落とすのと、絶対に一定以上になったら持ち越さない精神で結構逃げられてる感じ。

結局一銘柄のポジサイズが大きいのが問題 散々フォロワーさんに言われていたので注意する

 

損切り基準

①現在の値段からの下降率(デイ=0.5% スイング 2%)

②材料を判断したとき、このラインより↓にいったら弱いと判断できる値段を決める(逆指数@当たり前)

3日以上たってもチャートが↓向きで上に行かない時(ヨコヨコは継続)
④直感的に不安に感じた場合は、すぐに切る 自分の直感を信じる 迷わない

 

 

 ⇒利確回数が少ないが1ポジ辺りの金額が高い 

 =材料になりそうな情報がTLに流れたら打診買い  監視している銘柄のチャートが3日上向いたら買い(日経に連動していても買う 連動せず上げの場合は)

損切りラインに達しなければできるだけ保有 日経・全体の値動き絶対順張り 日経が強ければ利確ライン過ぎてもホールド続行する(スイング)

 

デイトレ5分足で大きな陽線を伸ばした時に利確する。一発来る出来高上昇タイムは利確ライン ここで持ち越すメリットよりデメリットのほうがあいちゃん的には多い。ここでリスクを取るなら、利確して他に移動する

押目で拾った場合、その後のリバウンド陽線中はホールド 陰線をつけた時点で利確断行

デイトレ銘柄引っ張らない 強くても持ち越さない。絶対に利確・損切り優先

騰がっときにラッキー感より、下げた時の絶望を覚えないようにする。マイナス思考に成り得る種は潰す 徹底的に潰す

 

売りを積極的に活用する

f:id:aityandaisyori:20140815005433p:plain

緩和後の下落調整の際に買いポジカット インバ&指標連動型銘柄売り(4:1比率)をした経験を忘れない

(前回はその後反発したが、5月の恐怖下落の際にこの戦略で相当リスク回避が出来るはず)

(ナンピンはダメ 万が一の時逃げられない 遅い 退場の危機)

(急落後の反発リスクより 急落のリターンのほうが大きいと考える@インバは日経がその後反発しても、大きく損失することがない)

 

買いより 売りが 取れる!

インバはヨコヨコから少しずつ日経高値が下がってきたら導入を開始する。導入の際、買いポジは現物・信用でポジの少ない長期予定のもの以外すべてカット(絶対に)して、急落に備える。

日をまたいだ際、上昇局面で寄り後30分、日経が垂れなければダブルインバはカットする。

先物上げ相場でもドル円の値動き・ダウ・SB・Fリテ等など明らかに大型が寄りから弱い場合は、インバナンピンする。その後ヨコヨコになったら利確を行う 陽線が続くようならカット。

 

@絶対に日経・相場に順張り@

@外国人の売り越し・買い越しをチェックする@

@利益は買いでも売りでも取れることを頭に入れる@

@根拠なきトレードになった場合は 即カットする@

@モミモミからの上抜け・下抜けした場合は全力で順張り@

↑典型的勝ちパターン↑

 

年末まで荒い展開が続きそうだけど、頑張るぞい!!!

f:id:aityandaisyori:20140815003838j:plain