読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株であいちゃん大勝利ー!!!!

お金増えたらあいちゃん大勝利ー!!と叫びます♡

中村超硬月曜日どうするか考えようメモ

チャートいいなああーと思って買ったらどんどん下がってナンピンしまくった中村超硬

 

f:id:aityandaisyori:20151107004631j:plain

 

 

なんとなくソーラーだし底堅いだろ?短期スイングで高値更新狙いや!!!

 

と思ったら売上減の利益増の修正が出たので急遽調べることに…。

なんとなく、なんとなくだけどRSテクと同じ匂いがする。

 

以下文章は

"私の主観"

"ポジっているので楽観的意見多数"

メモ用なので、参考になさらないように…。

 

 

 

中村超硬IPO時の評価

www.ipokiso.com

 

 なんか直近の業績がクソなんだけど…回復兆候なのかな

 

www.nakamura-gp.co.jp

 

10億円の利益だと、PERが約10倍~11倍

回復兆候続くの前提なら割安だが、数年前の業績を考えると微妙

 

最大の特徴のダイヤモンドワイヤ事業

ここの増産が鍵を握ってる(他社は作っているのだろうか)

現状ここ頼み、流行れば年間数十%で業績が伸びる可能性ある?

 

今回の業績修正

http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1300098


                          今回の予想      前回の予想  
  売上高  (百万円)            3,084           3,116
  営業利益(百万円)              603             457
  経常利益(百万円)              660             489
  当期利益(百万円)              540             452
  1株利益    (円)           144.67          121.22


 

プラス材料→ダイヤモンドワイヤ事業のコスト減による利率の改善

マイナス材料→中国需要減による特殊精密機器の売上減

売上減は-1%なので、ブレの範囲内とも言える…

数字としては-3000万なので 特殊精密機器の伸びが悪いとすると、大体10%売上減ということ?(通期で大体7億円 2Qで3.5億だと仮算)

 

しかし不景気と言われて他社は中国向けが悪いなか、売上1%減で落ち着いているのは出尽くしの可能性も、なくはない

f:id:aityandaisyori:20151107011444j:plain

 

売上に関してはダイヤモンドワイヤの上振れで吸収が可能か?

 

プラスな点は

売上に対する利益率の改善

14.5%→17.5%

 

ダイヤモンドワイヤは元々高コスト商品のため

裏を返せばまだコスト削減する手段が残されている?

稼ぎ頭となったクラスタでの利益率改善余地があるのは◎か?

 

中国への進出に力を入れている

ダイヤモンドワイヤは主に太陽光(ソーラーパネル)関連

 

太陽電池の制作過程にウエハスライスという段階があり

そこで使用されるカッターを作っている

 

太陽電池 - 太陽生活用語集 | 太陽生活ドットコム

 

写真で見る:多結晶シリコンウエハができるまで - Special | 太陽生活ドットコム

 

--------------引用---------------

インゴットのスライスには、ワイヤー・ソーという機械を使います。これは、シリコンを削るためのノコギリ状のワイヤーがごく短い間隔で何本も並べられ、そ れを回転させながらインゴットをスライスする機械です。インゴットを薄くスライスできればできるほど、1本のインゴットから取れるウエハの数は増えます (1枚あたりのコストが下がります)から、できるだけ薄くスライスしたいところです。ただしあまり薄くしすぎると、スライスの工程でウエハが割れる場合が あります。現在一般的なウエハの厚みは200μm(0.2mm)以下と非常に薄くなっていますが、さらに薄くスライスするための技術開発が続いています。

--------------引用---------------

 

 

現状このカットをしているのがピアノ線+普通のつぶつぶで作ったワイヤーで

この会社が得意とするのがその代用品となるダイヤモンドワイヤ

 

公式HPより、ダイヤモンドワイヤを使用するメリット

 

-----------------------------------------------------------

スライス方式の転換/遊離砥粒方式から固定砥粒方式へ

電子材料のスライス加工の現場においては、従来の遊離砥粒方式から固定砥粒方式へとスライス方式が転換しつつあります。
ダイヤモンドワイヤを使用した固定砥粒方式は、遊離砥粒方式と比べ、加工生産性の大幅な向上とワイヤ消耗量の大幅削減によるコストダウンにより電子材料のスライス加工を革新的に改善します。また、 スラリーが不要となるため、環境負荷を大幅に削減します。

 

固定砥粒方式の「長所」
ダイヤモンド砥粒で切断するのでSiCなどの硬い材料も切断可能。またダイヤモンドがワイヤーに付着しているので、遊離砥粒方式に比べ短時間での切断が可能。(糸ノコで切断しているイメージ)
固定砥粒方式の「短所」
工具であるダイヤモンドワイヤー(主に電着ワイヤー)が高価である。ダイヤモンドを用いているため、鉄などの金属を切断するのは不向き

-----------------------------------------------------------

 

この短所であるコストを削減しているのが中村超硬

 

調べる限り、固定式にする事によるメリットを享受できて、コストも抑えてるよ!

あたい最強!が中村のダイヤモンドワイヤなのか

 

ただ、この遊離砥粒方式から固定砥粒方式へ変える過程のハードルが高い可能性

方式を変えずワイヤーの変更だけで劇的な変化があれば、爆発的に売れたのかな

 

ワイヤの販売とともに、スライス事業もやっている。

 

販売先強化中の、中国のソーラーパネル事情は…

 

www.fepc.or.jp

 

http://eneken.ieej.or.jp/data/5941.pdf

ソーラーは国策?

 

世界的にはソーラーパネル需要は増えている

www.energy-democracy.jp

 

http://www.isep.or.jp/images/library/GSR2014jp.pdf

 

 

ソーラーパネル事業自体があまり話題にならないのは

販売増とともに低価格化が進み、薄利多売の状態になっているから?

 

 

現状安くなったら拾いたいけど、積極的に買い進めていいかは微妙。

通期業績を見てみないと…。

 

明日大幅下落の場合は処分、2%程度の下げ~寄り底なら買い増しするかも?